INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

こんばんは。

とうとう出ました!三笠市立博物館ボランティアの会からの、第二弾のアルビアン編です。
※注意: 博物館での問い合わせはうけていません。ボランティアの会からの発行です。
e0290546_17130958


今後消滅産地になるかもしれない地域も多く含んでいます。

もとろんさんのブログから注文できます。

https://motoron.exblog.jp/

注文は10/25までとなっています。
e0290546_19064456


こんばんは。
以前サントニアンで採取した。ウニの化石がクリーニング終わりました。
前回紹介したA別のウニとは別物です。

DSC_1478_R
ノジュールはこんな感じ。
非常に保存の良い光沢を放っています。

いままでウニを何個かクリーニングしていますが、分離もよく保存も良いのはこれが初めてです。
完成画像。母岩を残し、土台にしました。
DSC_1525_R
大きさは35mmくらい
DSC_1524_R

DSC_1523_R
ウニの模様もしっかり残っています。

ウニ超大好きではないので、新生代には行きませんが、白亜紀のウニと、現代のウニ丼は別です(笑)

とても満足な標本となりました。

最後に、友人宅からうちに来たオオクワガタです。
DSC_1458_R
北海道ではいないので、ちゃんと見たことがないのですが、大きいですね。
長い個体は5年生きるとか・・・。こちらも満足です。

こんにちは。

ここ最近は比較的晴れが多かった北海道ですが、今週は雨模様が続くとのこと。
がっくりです。

さて、先日東京へ行ったので、スキマ時間で鉱物を購入してきました。

イギリス Diana Maria鉱山 フローライトです。
DSC_1409_R
DSC_1408_R

有名なロジャリー鉱山のすぐ近くだそうですが、いくつか見ても、こちらの産地のほうが、透明度が高く綺麗なものが多い気がします。
そして、これはかなりの強蛍光。
DSC_1412_R
DSC_1411_R
紫外線を当てて撮影しました。


そして、化石は北海道産。
M笠産
バラバラ事件になった、ユーバレンシス。なんとかここまでしました。
ヘソが割れてなくてよかった。
DSC_1414_R
外巻がくずれていますが、途中までは変形が無いので、お気に入りです。

これからA別産のノジュールに手を付けていこうかと思っています。
保存のよいウニ。表面の模様が残っています。
DSC_1435_R
保存のよいアナゴードリセラス
DSC_1436_R

道北に比べ、石が硬いですが楽しんでつついてみます。

そして~、我が家にいるクワガタ君たちです。

・ミヤマクワガタ 大きい 66mm
DSC_1416_R
・ミヤマクワガタ 小さめ 52mm
DSC_1422_R
・ノコギリクワガタ 62mm
DSC_1418_R
・コクワガタ 41mm
DSC_1421_R
先日まで、昨年から越冬していた、アカアシクワガタがいたのですが、お亡くなりになりました。
そのほか、メス数頭。
北海道のクワガタはだいたい揃っています。

クワガタを採り始めて3年になるのですが、実は初めてノコギリの大きいのを採集できました。
なかなか出会いがありませんでした。毎年大きいミヤマはけっこう採れたのですが、ノコギリってあまりいないのでしょうか?

このページのトップヘ