INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


さて、前回の記事で予告したとおり、K別のノジュールクリーニング備忘録です。

もともと、下のようなノジュールで、すれていますがパキ決定!嬉しいノジュールでした。ヘソは残っているでしょ。
IMG_2925_R
削りだします。殻の状態も「良」。他には何もないと思っていたのですが、ヨコヤマさんが・・殻を壊してしまいました。
IMG_2928_R
IMG_2929_R
意外といろいろ入っているノジュールでして、このポリプチコセラスにはどいてもらいました。
そして、その下からは・・・
IMG_2930_R
ゴードリ出現
IMG_2931_R
さらには、こんな二枚貝らしきものまで。
合弁です。大事にしよう!
DSC_0814_R


さて、ノジュールの裏側には、テトラが出てきました。
DSC_0892_R


パキだけしか無いと思っていましたが、この時点で、かなり賑やかなノジュールだとわかりました。



上のほうには保存は良くないですが、ナノナビス?
DSC_0896_R

だいたい掘り終え、下のようになりました。
qwq_R
ボリュームが・・。
さらに堀りすすめ、完成品はこちら・・・!

DSC_0994_R
右側のゴードリ、ナノナビスは外してしまいました(外れてしまいました)
土台は、他の大きいテトラの住房の破片がうまく土台ぽくなったので、活用しました。


テトラとヨコヤマも同席
DSC_0997_R

DSC_0998_R

キララガイの合弁は保存状態最高です。
DSC_1001_R


ユウパキは外巻を入れると11cm。入れないと7cmです。
なおキララガイは3cmでした。
DSC_0999_R
ちなみに、写真では真っ黒になっていますが、透けてる黒っぽいアクリル板が土台です。

こんばんは。

今回は、12月1日から池袋で開催された東京ミネラルショーに、行ってきましたのでその報告です。
とはいっても、仕事で横浜に行っていたため、滞在時間2時間という「超弾丸」でした(泣)

一度は行ってみたい国内最大のミネラルショー。
DSC_0874_R

場所は池袋サンシャインシティー。
DSC_0873_R
思っていたより駅から遠い(汗)

会場は2フロアあり、札幌の比ではありません。すごい広いし、店の数がハンパではありません。
DSC_0875_R
DSC_0879_R
鉱石から、アンモナイト、三葉虫など、凄い数。一日かかっても見ることができないですよ~。

そして、今回の企画。アノマロカリスの化石の展示。
DSC_0877_R
DSC_0878_R
こんな平面の化石で、よくこんな立体の生物を思い描けたなあと思いました。




そして、絶対やろうと思っていたイベント。「ジオードクラッキング」。参加してきました!

特殊な工具の矢印のところに購入したジオードを巻いて
DSC_0880_R
レバーを降ろすと、真っ二つに割れて、中の水晶がこんにちは。というもの。
DSC_0881_R
なかには、バラバラになるものもあるようです。
僕が選んだのは、これ↓ 水色の線はチョークで割りたい方向を書いたものです。
プロの目で、あきらかに変な方向に書いてあるものは、直されてました(笑)
DSC_0882_R
中身は、透明な水晶やアメジストなどの色付水晶が多いようで、人様の過去のいろんなブログを見ますと、大きな結晶が発達しているような大当たりなものも当たるようです。
つまりは、割ってみなくちゃ分からない!ってやつです。

そして、肝心の私の結果は?大当たりを期待!
DSC_0887_R
袋を開くと・・・(連続写真でどうぞ)
DSC_0949_R
DSC_0950_R
DSC_0951_R
DSC_0952_R
お~!綺麗な紫色。アメジストのジオードのようです。

反対側は、石部分が多かったです。
DSC_0953_R

アメジストなどの色付きが欲しかったので、目標達成。
割ってくれた係の人も「綺麗だねー」と言ってくれました。
でも、大当たりだね、とは言ってくれず。
たしかに結晶自体も小さいものですので、大当たりではないですね~。

アップして写真をパチリ
DSC_0967_R

先日、グラインダーで底をカットして置きやすくしました。DSC_0963_R

滞在が短時間で、ジオードクラッキングに並んでいた時間が殆どを占めていたので
ささっと直観で欲しいものを買いました。

スピノサウルスの歯(おそらくモロッコ)
DSC_0959_R
DSC_0960_R

フィンランド産スペクトロライト(1面のみ研磨の原石)
DSC_0889_R
水につけると綺麗なので、瓶に入れてみました。
DSC_0961_R

以上、東京ミネラルショーの報告でした。
もっとじっくり見たかったですが、しかたないです。くじ引き抽選会すら時間がなくて参加できませんでした。
しかし抽選券がもったいなのでジオードクラッキングで並んでいたときに、すぐ前にいたご家族連れに差し上げました。
いいもの引いてくれていたら嬉しいですね。

またの機会にリベンジしたいです。

アンモちゃんの写真も少しだけ撮ってきました。
DSC_0884_R
DSC_0883_R
すごいっすね。
海外のアンモも興味を引きます。

さて、自採のアンモちゃんですが
いまは、
K丹別のこれや
DSC_0894_R
H取のこのノジュールをクリーニングしていました。
DSC_0932_R
ブログを書いている今は、完成しておりますので、次回にでも紹介します。

では、よいお年を・・・。

ご無沙汰しております。


1か月ぶりのupとなります。


最近は白亜紀方面に行けず、東京に出張など仕事ばかりでした(汗)

それでも、ちょっとの時間を使って街中で巡検し標本を入手してきましたので、ご紹介です。
(※つまり買ってきたということですww)

今回は鉱物標本がメインとなります。


①天青石 celestine マダガスカル産
IMG_2916_R
薄いブルーが美しい。いつか欲しいなー、と思っておりました。
写真よりもう少し濃いブルーです。

②ラブラドライト
IMG_2914_R
全面研磨されているものもありますが、石の質感も楽しみたかったので、片面のみ研磨されているものを購入。
写真は光を当てて撮影。虹色に反射して綺麗~。

③水晶のミニクラスター 中国四川産
IMG_2913_R
四川は辛い料理だけじゃない(笑)。まずまずの透明度です。

④霰石 アラゴナイト メキシコ産
IMG_2908_R
僕のような素人ですと、初めて見たときは「細かな結晶の水晶だな~」なんて思いましたが違います。
母岩も白くて美しい。大きさ横幅:8cm程度で、飾るにはちょうどいいです。

⑤蛍石 フローライト スペインMoscona鉱山
IMG_2900_R
重晶石でしょうか、白い鉱物もついていますが、全体的に濃い黄色で美しい。
これ、お気に入りです。
フローライトですが、UVでは蛍光しないタイプです。
集め始める前は、フローライトって全部蛍光するものだと勘違いしておりました。
フローライトって、いろんな色があって美しいので、集めるひとが多いのもわかりますね。

⑥オウムガイ マダガスカル産
IMG_2911_R

これは化石です。両方とも2cm未満の、極小さなオウムガイで研磨されています。
あまりに小さくて、可愛らしいので買ってしまいました。

ではまた。


このページのトップヘ