今回はちょっと遠いところの化石を紹介します。

もう、18年も前になりますが、学校を卒業して就職する前にワーキング・ホリデーでオーストラリアに1年間、行っていたことがあります。

そのときにカンガルー島ってところ
オーストらリア
に渡って、ファームステイをしていました。

そのとき「化石がとれるんだぞ」と、ホストファミリーに連れてもらった場所が

名称未設定 1 のコピー
こんなところ。うーん若い、細い。今とはかなり違うぞ(笑)

ではなくて、後ろに見えるのは貝の化石がところせまし。
ここは海岸に面したところなのですが、化石を含んだ地層が写真のように露出しております。

当時は化石は好きでしたが、ハンマーは持っていなかったのでww 手で簡単にもげるところから、一個だけ持って帰ってきました。
IMG_0994

IMG_0995
クリーニングしないで、ずっと眠っていたのですが、先日思い出してクリーニングしました。

DSC_0076
DSC_0074
なんの貝かはわかりませんが、先日時代を調べたところ、カンガルー島には前期カンブリア紀の地層が出ているようで、おそらくその場所から採取したものと考えております。
カンブリアといえば、三葉虫がイメージされますが、今行ったらハンマー持って三葉虫を探していますね(笑)


18年前の貝化石をやっとこクリーニングしたという話でした。