新年あけまして、だいぶ経ちましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

いろんな石に手をつけては~~とクリーニングをしてきましたが、2年越しの石。

ぶっといポリプチを含む、そうあのノジュール。「盆栽クリーニング」プロジェクトです。
前回は、夏のアップで下の写真でストップしておりました。
DSC_0681_R


それでもコツコツ、クリーニングを続けまして、なんとか完成にこぎつけましたのでご報告致します。




上の写真で、ターンして表面に見えていたポリプチに続いていることを祈りつつ、グラインダーで割を入れます。

DSC_0190_R

よしよし、続いていそうだ。

この石、めっちゃ硬い三笠の石ですが、その分保存もよく、比較的分離も良いのがうれしい。

さらにグラインダーで掘り進めました。

DSC_0192_R

やったー。続いてました。しかも途中で潰れたりせず、保存もOK。
当然、小さなゴードリは何個か、飛ばしてしまいました。

さて、このポリプチにはユーボが並走していたのですが、そもそもこのノジュールは、下のように二つに分断されたノジュールなんです。
DSC_0690_R
なので、両方に分断されたユーボを救い出し、ひとつにくっつけます。

ところが、気づかないうちに飛ばしてしまったようで・・・・・(泣)
DSC_0801_R
欠損しておりました。

さらにもう一カ所。
DSC_0806_R
クソー。



仕方ないので、パテで補修することに・・・・・。

私が愛用しているのは、模型でよく使っていた「ポリパテ」と「エポキシパテ」。どちらもキメが細かく使いやすいです。
今回は、エポキシパテをチョイス。
DSC_0802_R



さて、クリーニングの続きですが、下の赤矢印のところを攻めて削り込みます。
IMG_2437_R

さて、2017年もあけて、正月です。
実家に里帰りしましたが、半日ほどはクリーニングをさせてもらい、さらに削り込み・・・。

さらにさらに削り込みを行い、削り込み完成しました。

きりがないので終了した or これ以上やると壊しそうなので

と言ったほうが正解でしょうか。



ばらばらになっていたユーボを補修、接着します。
IMG_2451_R


グレーのところがパテの部分です。
まあ、うまく補修できたと思います。
IMG_2453_R

このままでもよいのですが、自然な感じにかっこよくしたいので、塗装して目立たないようにしました。

以下、完成画像です-------------------------------

三笠 サントニアン

IMG_2468_R









塗装しましたら、自分でもどこを補修したのか分からなくなってしまいました。
以前、補修塗装のことを記事にしましたら、賛否両論ありましたが、最近分かったのですが、紫外線ライトをあてるとどこを補修したか、はっきりわかるんです。
これもパテの部分がまるわかりでした(* ̄∇ ̄*)
IMG_2470_R


ユーボの部分80mm
IMG_2472_R



ポリプチコセラスが真ん中を突き抜ける。殻口は保存されているもよう
IMG_2473_R


ヘテロプチコセラス。保存が良いので最後まで無いのが悔しいです
IMG_2474_R



土台にしようと底を削ったら、二枚貝の化石。
種類はよくわかりません。
IMG_2475_R


ほかにもポリプチの部分化石や、ゴードリが大小多数含みます。
IMG_2476_R

高さは170mmくらいでしょうか。
IMG_2477_R


最後は手づかみ!
IMG_2482_R

ちかいうちに、もう片方のノジュールを完成させたいなー。

長文にお付き合いありがとうございました。

※apogon2さんに黒バックの写真の撮り方を教わりましたら、綺麗に撮れるようになりました。ありがとうございましたー。