INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

わたしの仕事は繁忙期はないのですが、とてつもなく忙しくなってしまい、ブログが放置状態に(汗)

みなさまのブログへの訪問もろくにできない状態でしたが、一ヶ月に1回くらいは更新しないとね。

実は、博物館ネタですが、最後の一回を紹介しておりませんでした。

ということで、最終回。

日本館の海洋生物の展示です。

DSC_0258_R

DSC_0251_R
DSC_0252_R


こ、これは・・・
DSC_0253_R

アクキガイとホネガイ。

いまはもう区別できます(ニコ)
DSC_0254_R

DSC_0255_R
DSC_0256_R

けっこうな大きさのリュウグウオキナエビスガイ。
価格にして、かなりお高いらしい。
採れないからでしょうか?

DSC_0257_R


このフロアには、他に魚などの展示もあり、とても楽しいフロアです。

ということで、これにて、国立科学博物館の紹介最終回でした。

今年も行きたいなー。

雨が降らなければ、子供をスキーに連れて行こうと思ったんですが、

2月に雨。お天気ぐちゃぐちゃですね。

ということで、実家の納屋にてクリーニングをしました。






http://into-the-nature.blog.jp/archives/950695.html

↑ このときに見つけた、密集ノジュールを少しクリーニングしました。
IMG_1060

しっかし、密集ノジュールってどこから手をつけて良いやら・・・。悩みます。

しばらくノジュールを眺めたあと、一番大きい分かりやすいところから手をつけました。

IMG_1075
右側の半分をひっくり返すと、こいつが見えるわけです。

DSC_0408_R

グラインダーとタガネを使い、手彫りです。
焦ると、ろくなことが無いので、できるだけ、ゆっくりクリーニングしました。

おや?キールが見える・・。保存状態はよさそうだ。
DSC_0409_R


DSC_0410_R
ハウエリセラスかな。ここまで2時間くらい。

さーてヘソだしを慎重に・・。残っていればいいなー。
DSC_0411_R

なんとか、ヘソだし成功。
もう少し掘れるかな。
DSC_0413_R



DSC_0416_R

DSC_0418_R
DSC_0419_R
14時ころ完成。賞味3時間くらい要しました。

直径12cmくらいです。


DSC_0412_R
キールがキレイに保存されていました。
薄さとキールといい、ハウエリセラスで良いでしょう。

久しぶりに満足のいく大きさで嬉しいです。

しかし、困ったことに、これは密集ノジュール。このあとどうやってクリーニングしていきましょうか(笑)

盆栽といっても、どう盆栽にするかが悩むところ。




というわけで、ハウエリセラスがついていない側の片割れノジュールを見てみますと

DSC_0420_R
なんか、ぶっといものがある・・・。

少し掘ってみよう・・・。

DSC_0422_R
引きで一枚。

DSC_0425_R
DSC_0424_R

ポリプチ???

さて、どうしたものでしょうか。

こんばんは。

さっぽろ雪祭りが絶賛開催中ですね。
今年は、つどーむ会場が1週間延長開催らしく、滑り台をすべりに子供つれてこうかなー。
もちろん通常会期が終了したあとでね(笑)

前回は日本館のアンモナイトを中心に紹介しました。

日本館はほかにも日本の鉱物であったり、生物であったり様々なものを展示しています。


今回はそういうことでアンモナイト以外、鉱物の紹介。

まずは
DSC_0239_R
という部屋。


鉱物は好物です。(ベタネタやん、すみませんww)


さっそく入り口には
DSC_0236_R
DSC_0238_R
DSC_0246_R
大きな国産の水晶、方解石が。


そして日本で採取された鉱物の展示がありました。
DSC_0241_R

ありました。われらが北海道産のロードクロサイト。積丹ローズともいいます。
稲倉石鉱山のものです。

以前、ロードクロサイトは、オオエ鉱山には採取しに行きました。

稲倉石鉱山はそもそも、たどり着けませんでした。

稲倉石鉱山産のほうが、ピンクが濃くって綺麗なんですよね。取りに行ってみたいです。

DSC_0242_R
DSC_0243_R
DSC_0244_R
北海道だけでもいろいろあるんですね。

ガッカリ沢っていう名前があるのが、ちょっとウケます。
行ってもボウズでガッカリとかいうオチでしょうか?(笑)

写真をいっぱい撮ってきたかったのですが、いかんせん僕のスマホカメラでは薄暗いところでは、綺麗に撮ることができず(全体が白くなったりしちゃいまして)、写真は断念しました。

よって今回の鉱物編はこれに終了です。

ちょっとしたデジカメでも持っていけば良かったなー。

このページのトップヘ