INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

アルビアンさんも行かれた、とても綺麗なお花畑ー。
7月末の夏休みに行ってきました。

アジア人:日本人=9:1 くらいだろうか?
IMG_1972_R


まさに、「ザ・観光地」です。


さて

今日のネタは
じゅりあさんの北大博物館ネタに、さらに被せてみましたー。

これは工事中のときの写真。
IMG_1985_R
7/26にオープンしました。


IMG_1986_R

そうですねー、一番変わったところといえば・・・・・

IMG_1987_R
IMG_1988_R

中にカフェができてソフトクリームなどが食べれます。

ちょっと400円って高いけど、食べてみました。
カップかワッフルか?と言われれば、当然ワッフル一択。

美味しかったけど、やはり高いかな。
僕の感覚では280円を超えるソフトクリームは高いです。


そして、ミュージアムショップ。ミュージアムショップは思わず長居してしまいます。

おなじみ青い柄のやつ。
IMG_1989_R

そして、展示は~鈴木先生のコーナーとか
IMG_1990_R


めのうや、三紀の化石が触れるコーナーなど。
IMG_1991_R
IMG_1993_R


歴史ある階段・・・・。
IMG_1994_R

そして、目的の化石のコーナーへ。


道具の紹介。何カ所か見たけど、熊手はいままでなかったなー。
スコップかわいいね。
僕のツルハンも目立つようにピンクのテープまこうかな。
IMG_2003_R
ハドロサウルスに力を入れている展示でしたけど、全体的に化石の面積がずいぶん少なかったです。


最近妙に気になる、オバタイの完全体発見。ざっくり.sp扱い。
んー、完全体が欲しいなー。
IMG_1997_R

とまあ、ざーっと紹介しましたが、大学の各学部の紹介と、いろいろな体験物が増えていた感じです。

無料ですので、みなさんも行ってみてー。

最後に先日のマーガレットの沢でゲットした、ちびメヌイテス・プルシス。
IMG_2158_R
IMG_2159_R

実は、人生初のメヌイちゃんで、いぼ系も初。
ちっちゃくてもとても嬉しい化石となりました。
hntさんのブログでも、このくらいの大きさのやつ紹介してましたね。

この厚みがいいですね。
次回はもう少し大きいのが当たるといいなー。

では、では。



ちょっとサボってました。

じゅりあさんのブログでカンラン岩のネタでしたので、許可なく勝手にコラボ(すみません)。

博物館の看板岩がカンラン岩だというのは知っていたのですが、「裏の言葉が興味深いよ」のことで、気になって、仕事の帰りに見てきました。

DSC_0837_R

石の表面を近くで見ると、オリーブ色のかんらん石が無数に見える。
じゅりあさんの言う通り、表札にしたらかっこいいかも。

模様が美しいですよね。

そして見どころの裏。

DSC_0836_R

写真では、字が読めないですね。だって現地でも読みにくかったです(汗)
「アポイ岳のかんらん岩」とのこと。

その続きは興味ある方は見に行ってくださいませませ。
この岩は寄贈されたもののようです。



最後に、夏の大物の紹介。
まだクリーニングしていませんが、先日もとろんさんと、apogon2さんとで巡検に入ったサントニアンでゲットした大物アナパキです。

持って帰りたいけど、かなり迷っていた僕の背中をお二人で押してくださいました。

DSC_0815_R


しかし、非力なリュックしか背負っていない僕のかわりに、もとろんさんが背負ってくださいまして、本当にお二人には感謝です。

ありがとうございました。

(^人^)感謝♪(^人^)感謝♪(^人^)感謝♪(^人^)感謝♪


最近やっと夏らしくなってきました。明日から私も夏休みをいただきますよー。
とはいえ、キャンプに一泊で行く以外、なんにも決めてません(汗)

さて、ごった煮ノジュールを少し進めました。


スタート時点、ふっといポリプチを生かすがどこまで続いているのか・・・・。

DSC_0676_R2

ユーボが折れていますが、パーツはあるので、完成したときにでも接着しようという目論見です。

オレンジでかこった部分が、どうも化石が薄いので、グラインダーで削り落として、ポリプチを生かそう、という作戦です。
まずは、ユーボがどこまで続いているか、そこを掘っていきます。

DSC_0679_R
赤い線がユーボの通り道。
みどりが新しく出てきたポリプチの破片。
オレンジが??





んー、あれ?変な形だなー。
DSC_0680_R

これってポリプチの住房では、ないでしょうか?

たしかに奥のぶっといポリプチに角度的には合っているじゃないですかー。

テンション上がりまくりですwww





ノジュール裏面を確認し、突き抜けていないことを確認しました。

期待できそうー。




出た、出ました。


ターンしてるじゃないですかー。

やったー。
DSC_0681_R

殻口もだいぶ残っているようにも見えます。

ただ、さらに細くなっていく2ターン、3ターンの折り返しは保存されていないようです。


このノジュールは、かなり化石の保存が良いので、ほかのテヌイでも殻口が残っているみたいです。




次回の作戦ですが、化石が薄い、緑色の部分を落として、ポリプチの右側を綺麗に出して、ターン部分を露出させようかな。

DSC_0683_R

飾るときの足場もかんがえなきゃならない時期かな。






このページのトップヘ