INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

カテゴリ: クリーニング

こんばんは。
以前サントニアンで採取した。ウニの化石がクリーニング終わりました。
前回紹介したA別のウニとは別物です。

DSC_1478_R
ノジュールはこんな感じ。
非常に保存の良い光沢を放っています。

いままでウニを何個かクリーニングしていますが、分離もよく保存も良いのはこれが初めてです。
完成画像。母岩を残し、土台にしました。
DSC_1525_R
大きさは35mmくらい
DSC_1524_R

DSC_1523_R
ウニの模様もしっかり残っています。

ウニ超大好きではないので、新生代には行きませんが、白亜紀のウニと、現代のウニ丼は別です(笑)

とても満足な標本となりました。

最後に、友人宅からうちに来たオオクワガタです。
DSC_1458_R
北海道ではいないので、ちゃんと見たことがないのですが、大きいですね。
長い個体は5年生きるとか・・・。こちらも満足です。

こんにちは。

先日M笠で得たサメ歯をクリーニングしました。

IMG_2941_R
このノジュールです。
表面にエナメル質が出ていています。

クリーニング前のアップ写真
DSC_1327_R

歯の付け根あたりが、もやっとしてます。もしや歯根も残っているか?期待です。


右側のぼそぼそしたところをつつくとー、副咬頭が出てきました。
DSC_1329_R

もしや左側も残っているか?
石に隠れた左側を掘ります。いい感じです。
DSC_1330_R


残っていました。おまけに歯根も残っているようです。
DSC_1331_R

ただ、右側の歯根はノジュール表面に近いせいでしょうか、保存状態は微妙。

DSC_1334_R


そして、グラインダーで切断し切り抜きます。

完成!
DSC_1335_R
DSC_1336_R

左側の歯根は完璧に残っているようです。右側はちょい残念ですが、多少は残っている状態。
しかし、歯の先端部も欠けなし、エナメル質は完璧。めっちゃつやつや、綺麗です。

DSC_1337_R
大きさは歯根部含めて約2cm。
種類は前回アルビアンさんがおっしゃっていたように、クレトラムナ:cretolamnaでしょう。
前回のあの小さな写真からわかるなんて・・・流石です!

さて、アンモナイトもちょっとクリーニングをしてみました。

O平 テトラゴニテス。小さいですが、模様が綺麗でヘソも(珍しく)無傷ででました。
DSC_1344_R
DSC_1349_R

産地不明:フィロパキセラス
DSC_1345_R
やや大きめ?殻口まで保存されており
DSC_1346_R
DSC_1347_R
殻がパイライト化しております。しかし、殻のほとんどは持っていかれて残っておらず(泣)

最初みたときは、テトラかー、と思っておりましたが違いました。
実はまともでこのサイズのフィロパキは持っておりませんでしたので、嬉しい一品ww
パイライト化して、キラキラ系は大好物です。

では。




不定期アップです(汗)

ノジュールのときの写真を撮り忘れたので完成品です。
一部の方にはすでにお見せしたもので、新鮮みはございません(笑)

M笠サントニアン
IMG_2921_R
一部すれておりますが、最大のところで14cmのネオフィロです。
IMG_2923_R
厚みもしっかり。上の部分が殻との分離が悪く、なんとか形にはしましたが、ちょい傷だらけ。
IMG_2924_R
鷲掴みしても、満足な大きさですが、完全体だったらなぁ・・。
なんて思ってしまいます。

もう少しでシーズンインですね。

その前に、アルビアン展を見に行きたいです。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


さて、前回の記事で予告したとおり、K別のノジュールクリーニング備忘録です。

もともと、下のようなノジュールで、すれていますがパキ決定!嬉しいノジュールでした。ヘソは残っているでしょ。
IMG_2925_R
削りだします。殻の状態も「良」。他には何もないと思っていたのですが、ヨコヤマさんが・・殻を壊してしまいました。
IMG_2928_R
IMG_2929_R
意外といろいろ入っているノジュールでして、このポリプチコセラスにはどいてもらいました。
そして、その下からは・・・
IMG_2930_R
ゴードリ出現
IMG_2931_R
さらには、こんな二枚貝らしきものまで。
合弁です。大事にしよう!
DSC_0814_R


さて、ノジュールの裏側には、テトラが出てきました。
DSC_0892_R


パキだけしか無いと思っていましたが、この時点で、かなり賑やかなノジュールだとわかりました。



上のほうには保存は良くないですが、ナノナビス?
DSC_0896_R

だいたい掘り終え、下のようになりました。
qwq_R
ボリュームが・・。
さらに堀りすすめ、完成品はこちら・・・!

DSC_0994_R
右側のゴードリ、ナノナビスは外してしまいました(外れてしまいました)
土台は、他の大きいテトラの住房の破片がうまく土台ぽくなったので、活用しました。


テトラとヨコヤマも同席
DSC_0997_R

DSC_0998_R

キララガイの合弁は保存状態最高です。
DSC_1001_R


ユウパキは外巻を入れると11cm。入れないと7cmです。
なおキララガイは3cmでした。
DSC_0999_R
ちなみに、写真では真っ黒になっていますが、透けてる黒っぽいアクリル板が土台です。

こんばんは。


fossil1129さんのブログで、本日は「化石の日」というのを知りましたので、せっかくですので記事を上げることにしました。

ということで、最近は巡検にいっておりませんので、クリーニングがある程度できたもので、今年M笠で収穫したものを五月雨式に紹介いたします。

まずは小さなものから
IMG_2854_R
プゾシア 45mm&17mm コニアシアン

次は、でっかいスレたパキを割ってみたら中心が思っていたより残っていて、びっくりした一品。
上の蓋みたいなのは、脈です。
バラバラ事件的に割れたので接着補修しました。
IMG_2852_R
バラバラ事件の傷跡がひどいので、後ろは見せられません(笑)
IMG_2853_R
ユウパキディスカス(パキ系不明) 74mm サントニアン (2017.10.18修正)

IMG_2851_R
デンセ 68mm コニアシアン

もひとつ
IMG_2849_R
デンセ 68mm コニアシアン
裏にはイノセラ付き。このデンセは巻きが太いのでどっしり感があります。
IMG_2850_R

スレパキです。そんなに大きくないので、ヘソにとても期待していました。
DSC_0534_R

残念!ヘソは無かった。外巻も外しました。
IMG_2844_R
ユウパキディスカス 100mm サントニアン




最後は今年採取した中ではお気に入りです。


IMG_2830
IMG_2831
IMG_2833
裏面もヘソだし作業
DSC_0632_R
いや~~時間がかかりました~。殻がはがれる~。はがれる~。
瞬間接着剤を染み込ませながらやりましたが、なかなかそれでも難しい。

そして、ほぼ完成品。
DSC_0704_R
ネオプゾシア・ジャポニカ 180mm サントニアン 顎器、ウニとポリプチ付き
ヨコヤマオセラスと言ったほうが良いでしょうか。
いかんせん、もうちょっと綺麗にしようとは思っています。

以上、化石の日にアップいたしました。







このページのトップヘ