INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

カテゴリ: クリーニング

こんばんは。


fossil1129さんのブログで、本日は「化石の日」というのを知りましたので、せっかくですので記事を上げることにしました。

ということで、最近は巡検にいっておりませんので、クリーニングがある程度できたもので、今年M笠で収穫したものを五月雨式に紹介いたします。

まずは小さなものから
IMG_2854_R
プゾシア 45mm&17mm コニアシアン

次は、でっかいスレたパキを割ってみたら中心が思っていたより残っていて、びっくりした一品。
上の蓋みたいなのは、脈です。
バラバラ事件的に割れたので接着補修しました。
IMG_2852_R
バラバラ事件の傷跡がひどいので、後ろは見せられません(笑)
IMG_2853_R
ユウパキディスカス(パキ系不明) 74mm サントニアン (2017.10.18修正)

IMG_2851_R
デンセ 68mm コニアシアン

もひとつ
IMG_2849_R
デンセ 68mm コニアシアン
裏にはイノセラ付き。このデンセは巻きが太いのでどっしり感があります。
IMG_2850_R

スレパキです。そんなに大きくないので、ヘソにとても期待していました。
DSC_0534_R

残念!ヘソは無かった。外巻も外しました。
IMG_2844_R
ユウパキディスカス 100mm サントニアン




最後は今年採取した中ではお気に入りです。


IMG_2830
IMG_2831
IMG_2833
裏面もヘソだし作業
DSC_0632_R
いや~~時間がかかりました~。殻がはがれる~。はがれる~。
瞬間接着剤を染み込ませながらやりましたが、なかなかそれでも難しい。

そして、ほぼ完成品。
DSC_0704_R
ネオプゾシア・ジャポニカ 180mm サントニアン 顎器、ウニとポリプチ付き
ヨコヤマオセラスと言ったほうが良いでしょうか。
いかんせん、もうちょっと綺麗にしようとは思っています。

以上、化石の日にアップいたしました。







(2017.09.28に種名追記)

今年、とうとうテキサナイテスを手に入れることができました。

クリーニング前
DSC_0023_R
正直なところ、破片でしょう~。ヘソは残っていないだろうな~。

あれ?意外と残ってるじゃないですか~。でも分離すこぶる悪いです。
DSC_0030_R

分離の悪い殻に悩まされつつも、なんとか形にしました。
DSC_0654_R
O平サントニアン テキサナイテス。

ヘソの状態が悪くても嬉しい一品です。でもやはり状態の良いものも欲しい!


と、あくる日、もとろんさんとRYOさんの3人で入った沢
IMG_2870_R

こんなことろを上って、上流を目指しました。
20170911古丹別 二股川の支流2_R
ここはサントニアン。テキサが出ないかな~?
おお!破片発見!
IMG_2869_R
でも、ノジュールがたんまりある沢ではなく、なかなか成果がありません。

とりあえず、サントニアンの苔(笑)
IMG_2865_R
上流のあたりまで登り、時間もきたので「帰りましょうか~。」となり、後ろ髪ひかれつつも・・・
「ちょっとだけ上を見てきてもいいですか?」
「どうぞ~」

細い沢をちょっと行った、その先で小さいノジュールを発見。コザコザしてたため、あまり見ずに一撃!
あれ?これって・・・・

テキサじゃない?テキサだこれ。
IMG_2871_R
やったー!これは中心残っていますよ~。
あとから上がってきたもとろん夫妻に報告~。でも大事なパーツを飛ばしたみたい~。
暗くなりつつある小沢で、3人で探しましたが、見つからず。飛ばしたメス型だけが無情にも見つかります。
諦めて、沢を降りることにしました。

家に帰宅後、嬉しくて嬉しくて、すぐにクリーニング開始!

正面
IMG_2874_R
サイドから
IMG_2873_R

母岩が柔らかいので、慎重にタガネを当てます。ちょっとでも強く叩くと、すぐに食い込んで穴が開きますので、ゆっくりゆっくり。

そして、完成しました。
約3cmと小さいですが、ヘソと突起の状態は完璧です。
DSC_0656_R
擦れた部分と飛ばした部分を描くと、赤線のような感じです。
DSC_0621 - コピー


アップで。
IMG_2898_R
外巻の一部しか残っていない部分は外したほうが良いかもしれませんが、残しておきます。
ことしの目標の一つが「テキサ」でしたので、目標達成です。
もとろんさん、RYOさんありがとうございました。

国立科博所蔵のものや、いろいろ調べた結果、Protexanites fukazawai ではないか?と考えています。
でも横井図鑑では「稀産」って書いてあるので、自信はないです(汗)  (2017.09.28追記)


そして、今年生まれたカブトムシ達。写真は最も大きかったオスで約68mmありました。
DSC_0060
秋となり、だいぶ寒くなりました。
とうとう本日こいつもお亡くなりになりました。
寿命です。
子供たち(僕にも)に思い出をありがとうございました。
あとメスカブトが2匹とアカアシオスが1匹です。

こんばんは。

今回は前回の記事でも少し書いた、密集ノジュールの紹介です。

こんなノジュールでした。
DSC_0024_R
まあ、コザコザノジュールです。今年(2017年)の6月にO平にいって採ってきたノジュールです。

どんどんはがしていくと、ゴードリやヨコヤマオセラスが見えてきました。
DSC_0033_R

としていますと、突起のある異常巻きが見えました。
ん!これは初めてな感じだ
DSC_0034_R
先を追っていくと、ターンしてます
DSC_0037_R
どこまで続くかな~?
だいたいここまでかな?
DSC_0038_R
初めてでしたので、書籍で探しましたところ、パラソレノセラスのようです。
まずまずな長さです。

他も削ります。
DSC_0476_R
DSC_0477_R
それぞれは小さいけど、いろんなサントニアンの仲間が密集。
どの面にもアンモナイトがついているので、台となる部分がないんです。
いや、次のようなものを作るために、あえて土台となる部分を残さなかったというのが正解です。

ということで、こういったものを考えました。


まずは、ドリルで穴をあけます。振動で壊れるのではないかと、内心ヒヤヒヤ。
DSC_0478_R
アクリル板にも穴をあけ、ボルトを貫通させました。

子供に手伝ってもらいました。
DSC_0481_R
DSC_0480_R
DSC_0479_R
そして、化石を合体。接着剤で固定しました。
DSC_0482_R


そして、完成品。

IMG_2846_R
いかがでしょうか?パラソレノセラスは初めてなので、見やすいようにセットしました。

ちなみに、この盆栽にはいっているのは、わかる範囲(間違っているかもしれないけど)で

・ヨコヤマオセラス
・パラソレノセラス
・ゴードリセラス
・ダメシテス
・フィロパキ
・ポリプチコセラス
・ユウパキかメヌイテス
・イノセラムス

豪華でしょ?ぜーんぶ本当に小さいですけどね(笑)

IMG_2847_R
ユウパキかメヌイテスの幼殻かな?
IMG_2848_R

ゆくゆくは、このアクリル板に加工したアルミプレートで産地情報を入れる予定です。
ちょっとかっこいい標本台となったでしょうか?





こんばんは。


年に一度のさっぽろミネラルショーに行ってきました。
DSC_0560_R2
仕事を終えて、速攻チャリをこぎ、会場へ~。
今年も、物欲を抑えながら、見て回りました。

化石も鉱石も、欲しいものは高いですよね~。もっと安かったらいいのにー。

なけなしのお小遣いで、ひとつだけ購入しました。

DSC_0561_R
母岩付きのアクアマリン、産地はパキスタンだそうです。
ナミビア産のアクアマリン原石が欲しいのですが、これはこれで良し!。
写真で見るよりも、現物はもっとブルーで透明度も高いです。
ブルーが濃いものは、お小遣いの反中では無理。

それなら、エアチゼルが欲しい今日この頃です。

さて、
http://into-the-nature.blog.jp/20170704
でクリーニングしてた化石ですが、クリーニングが済みましたので、報告します。

結局、共産していた半ゴードリさんは外してしまいました。

そして削って削って~。
DSC_0072_R
DSC_0073_R
ゴードリの下になにかいます。

そして完成写真!
みなさんに見てもらったところ、ジンボイセラスだったようです。
IMG_2836

ジンボイの裏側には、デンセとトラゴデスモがくっついています。
IMG_2838_R
なかなかお気に入りの一品に仕上がりました。

あとは、
短いハイファントセラスの密集。
IMG_2841_R
せいぜい2~3ターンです。
IMG_2842_R
でもこの密集度合いは、クリーニングし甲斐がありました。


このテトラゴニテスには
IMG_2839_R
顎器もついてます。
IMG_2840_R
同じ場所で採集した、ヨコヤマオセラスの密集盆栽は次回紹介しようと思っています。

以上は道北系の石。

これは一人で入ったM笠サントニアンのG.テヌイ
IMG_2843_R
M笠の石は硬いですが、ゴードリセラスがへそがクリーニングしやすいです。

だいぶ涼しくなってきて、山もだいぶ歩きやすくなりました。あとは落ち葉がいっぱい落ちると見えなくなるんですよね。

では~。






DSC_0021
朝のO平ダム

※今回の化石の産地とは無関係な風景写真です(笑)



久しぶりにアップします。

巡検もぼちぼち行かせてもらって、連れて行ってもらって幸せです。

さて今回は

こちらのノジュール。
DSC_0025_R

もとろんさんとfossilさんとで入ったチューロです。
GWころでしたので、まだ水が結構多く、でも先行者の割り跡多数。手付かずのノジュールを見つけることも困難でしたが、なんとか自採できたプゾシアです。

一撃で、一部破壊してしまい、破片もどっかへ飛び散って、一部欠損しちゃいましたが、かなり保存は良い。
このようにまるっとして、ツヤツヤして厚みもあるものは好きです。



DSC_0040_R
住房は割れて分離できるので、いったん外しておいて、へそのクリーニングを行います。
DSC_0041_R
グラインダーをダイス状にカットして、石を飛ばして。を繰りかえし・・・。
DSC_0042_R
内巻きを確認していきます。



へその部分の石をとばして、住房をはめてみました。
DSC_0043_R
なかなかいい感じです。多少タガネ跡はついてしまいましたが、写真の白い部分はグラインダーの粉が殆どです。

さて、プゾシアはある程度めどがついたので、このノジュールについている他の化石を観察します。
どうやらゴードリがついているようですが、ヘソは厳しい模様。
DSC_0045_R
他にももうひとつ大きめのゴードリが入っているようです。

グラインダーで石をダイス状にし、飛ばします。(写真右下あたりにゴードリがあります)
DSC_0047_R


DSC_0048_R
んー。やはりヘソは厳しいか~!

掘り進めると・・・・。(泣)
やはりヘソの保存なし・
DSC_0053_R


さらに下に別のゴードリも発見!
DSC_0050_R


赤矢印がもひとつのゴードリ。保存はこちらのほうが良いので、このゴードリを生かすために、先ほどのゴードリを飛ばしてしまうか、否か。
これで、夕方になりましたので、次回まで、ちょっと考えることにしました。
DSC_0049_R


道北のノジュールは柔らかくていいですね。サクサク進みますが、その分勢い余って大事なところをまで飛ばしてしまいます(汗)


このページのトップヘ