INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

カテゴリ: クリーニング

こんばんは。

今回は前回の記事でも少し書いた、密集ノジュールの紹介です。

こんなノジュールでした。
DSC_0024_R
まあ、コザコザノジュールです。今年(2017年)の6月にO平にいって採ってきたノジュールです。

どんどんはがしていくと、ゴードリやヨコヤマオセラスが見えてきました。
DSC_0033_R

としていますと、突起のある異常巻きが見えました。
ん!これは初めてな感じだ
DSC_0034_R
先を追っていくと、ターンしてます
DSC_0037_R
どこまで続くかな~?
だいたいここまでかな?
DSC_0038_R
初めてでしたので、書籍で探しましたところ、パラソレノセラスのようです。
まずまずな長さです。

他も削ります。
DSC_0476_R
DSC_0477_R
それぞれは小さいけど、いろんなサントニアンの仲間が密集。
どの面にもアンモナイトがついているので、台となる部分がないんです。
いや、次のようなものを作るために、あえて土台となる部分を残さなかったというのが正解です。

ということで、こういったものを考えました。


まずは、ドリルで穴をあけます。振動で壊れるのではないかと、内心ヒヤヒヤ。
DSC_0478_R
アクリル板にも穴をあけ、ボルトを貫通させました。

子供に手伝ってもらいました。
DSC_0481_R
DSC_0480_R
DSC_0479_R
そして、化石を合体。接着剤で固定しました。
DSC_0482_R


そして、完成品。

IMG_2846_R
いかがでしょうか?パラソレノセラスは初めてなので、見やすいようにセットしました。

ちなみに、この盆栽にはいっているのは、わかる範囲(間違っているかもしれないけど)で

・ヨコヤマオセラス
・パラソレノセラス
・ゴードリセラス
・ダメシテス
・フィロパキ
・ポリプチコセラス
・ユウパキかメヌイテス
・イノセラムス

豪華でしょ?ぜーんぶ本当に小さいですけどね(笑)

IMG_2847_R
ユウパキかメヌイテスの幼殻かな?
IMG_2848_R

ゆくゆくは、このアクリル板に加工したアルミプレートで産地情報を入れる予定です。
ちょっとかっこいい標本台となったでしょうか?





こんばんは。


年に一度のさっぽろミネラルショーに行ってきました。
DSC_0560_R2
仕事を終えて、速攻チャリをこぎ、会場へ~。
今年も、物欲を抑えながら、見て回りました。

化石も鉱石も、欲しいものは高いですよね~。もっと安かったらいいのにー。

なけなしのお小遣いで、ひとつだけ購入しました。

DSC_0561_R
母岩付きのアクアマリン、産地はパキスタンだそうです。
ナミビア産のアクアマリン原石が欲しいのですが、これはこれで良し!。
写真で見るよりも、現物はもっとブルーで透明度も高いです。
ブルーが濃いものは、お小遣いの反中では無理。

それなら、エアチゼルが欲しい今日この頃です。

さて、
http://into-the-nature.blog.jp/20170704
でクリーニングしてた化石ですが、クリーニングが済みましたので、報告します。

結局、共産していた半ゴードリさんは外してしまいました。

そして削って削って~。
DSC_0072_R
DSC_0073_R
ゴードリの下になにかいます。

そして完成写真!
みなさんに見てもらったところ、ジンボイセラスだったようです。
IMG_2836

ジンボイの裏側には、デンセとトラゴデスモがくっついています。
IMG_2838_R
なかなかお気に入りの一品に仕上がりました。

あとは、
短いハイファントセラスの密集。
IMG_2841_R
せいぜい2~3ターンです。
IMG_2842_R
でもこの密集度合いは、クリーニングし甲斐がありました。


このテトラゴニテスには
IMG_2839_R
顎器もついてます。
IMG_2840_R
同じ場所で採集した、ヨコヤマオセラスの密集盆栽は次回紹介しようと思っています。

以上は道北系の石。

これは一人で入ったM笠サントニアンのG.テヌイ
IMG_2843_R
M笠の石は硬いですが、ゴードリセラスがへそがクリーニングしやすいです。

だいぶ涼しくなってきて、山もだいぶ歩きやすくなりました。あとは落ち葉がいっぱい落ちると見えなくなるんですよね。

では~。






DSC_0021
朝のO平ダム

※今回の化石の産地とは無関係な風景写真です(笑)



久しぶりにアップします。

巡検もぼちぼち行かせてもらって、連れて行ってもらって幸せです。

さて今回は

こちらのノジュール。
DSC_0025_R

もとろんさんとfossilさんとで入ったチューロです。
GWころでしたので、まだ水が結構多く、でも先行者の割り跡多数。手付かずのノジュールを見つけることも困難でしたが、なんとか自採できたプゾシアです。

一撃で、一部破壊してしまい、破片もどっかへ飛び散って、一部欠損しちゃいましたが、かなり保存は良い。
このようにまるっとして、ツヤツヤして厚みもあるものは好きです。



DSC_0040_R
住房は割れて分離できるので、いったん外しておいて、へそのクリーニングを行います。
DSC_0041_R
グラインダーをダイス状にカットして、石を飛ばして。を繰りかえし・・・。
DSC_0042_R
内巻きを確認していきます。



へその部分の石をとばして、住房をはめてみました。
DSC_0043_R
なかなかいい感じです。多少タガネ跡はついてしまいましたが、写真の白い部分はグラインダーの粉が殆どです。

さて、プゾシアはある程度めどがついたので、このノジュールについている他の化石を観察します。
どうやらゴードリがついているようですが、ヘソは厳しい模様。
DSC_0045_R
他にももうひとつ大きめのゴードリが入っているようです。

グラインダーで石をダイス状にし、飛ばします。(写真右下あたりにゴードリがあります)
DSC_0047_R


DSC_0048_R
んー。やはりヘソは厳しいか~!

掘り進めると・・・・。(泣)
やはりヘソの保存なし・
DSC_0053_R


さらに下に別のゴードリも発見!
DSC_0050_R


赤矢印がもひとつのゴードリ。保存はこちらのほうが良いので、このゴードリを生かすために、先ほどのゴードリを飛ばしてしまうか、否か。
これで、夕方になりましたので、次回まで、ちょっと考えることにしました。
DSC_0049_R


道北のノジュールは柔らかくていいですね。サクサク進みますが、その分勢い余って大事なところをまで飛ばしてしまいます(汗)


こんばんは、4~5月の成果、少しクリーニングを進めましたので、記録として残したいと思います。

本当は巡検中の写真、産状の写真を載せたいのですが、デジカメを水没させたくないので、Gショックみたいなデジカメをいつか買った際には、どんどん撮ろうと思ってます。

さて
もとろんさんと、apogon2さんとで行ったM笠コニアシアン。
先行者がいる中で採集となりました。

もとろんさんが見つけたノジュール、割ってくださいと頂きました。
中には、保存の良いダブル・ユウバレンシス。

殻を割らないように、まずは接着。
DSC_0334_R

DSC_0335_R

日を変えて、クリーニングに移ります。

せっかくなので2枚このままで、両面クリーニングしたら、良い置物になるのでは・・・
DSC_0337_R

でも、すぐにハンマーの振動で・・・・
DSC_0339_R
外れてしまいました。
綺麗に外れて、下のユウバレンシスも綺麗に出てきたので、結果オーライ。
DSC_0338_R

上になっていた1枚をクリーニングを行いました。
DSC_0341_R

んー、へそのあたりは保存が厳しいかな。

余分な石が綺麗に外れてくれました。
DSC_0342_R

DSC_0354_R
サイズ 約11cm。
とりあえず、これらはこれで終了。殻がめくれない様に、接着剤を染み込ませてからにします。

次に・・
同じ沢産のデンセ。
DSC_0343_R
DSC_0344_R
綺麗にヘソが出てくれました。
両面クリーニングを行い
DSC_0353_R

色見がなんか変に写ってますが、一応黒です。約7cm。特徴的なかっちょいい荒々しい肋は、これから出てくるサイズ。でもお手頃なサイズです。

次は、fossil1129さんと、もとろんさんとで入ったO平チューロ。
なかなかノジュールが無く、厳しいなーと思っていたら、もとろんさんはさすが水の中から見つけていました。そしておすそ分けしてもらった、プゾシア。

はい、これ。
小平プゾ1
柔らかいのでクリーニングがサクサク進みます。

そして完成品、光が変に当たっていますね(汗)
小平プゾ2

裏にはイノセラちゃん。何たんでしょうか。
小平プゾ3

最後はわしづかみ。
ぐわし。長いところで、11cm。厚みがあって、うれしい標本となりました。
DSC_0357








さて、本日の最後。まだクリーニングしてませんが、ちょっと接着だけしました。

方解石で脈が入っています。
DSC_0333_R
DSC_0332_R

これは、fossil1129さんと、もとろんさんとで入ったM笠サントニアン。
これの他に、もうひとつ20cm?大のパキ(今年の目標のひとつ)を自採できました。


fossil1129さんに撮ってもらったので、現地写真あります。(fossil1129さんありがとうございます!)

これです!
dd_R
まるっと入っていたらいいなー。

今日はこれにて!







お久しぶりです。

カブトムシの幼虫は順調に(妻の冷ややかな視線)大きくなっており、大きいものでは親指よりも太い個体も出てきました。まだサナギにはなっていないようです。
カブトムシとは別にアカアシクワダタのオスを越冬させようと試みて、初冬に冬眠してしばらく出てこない日々が続いたのですが、玄関が温かいせいでしょうか。
DSC_0222_R
冬眠から目覚めて動き出しました。
DSC_0219_R
DSC_0221_R

まだ、外は雪の中だよ~。

アカアシは2年生きるそうです。なので今年の秋が寿命の予定です。


今回は「盆栽クリーニング」プロジェクトの続編。

もう片方のノジュールに手を付けました。

こいつです↓
IMG_2432_R
この裏側がまだ手付かずで残っています。
このハウエリを外すという選択肢もあったのですが、僕の腕前では壊してしまう可能性が高いため、これも盆栽クリーニングにすることにしました。



ハウエリをそのままに、ちょこっとずつ削っていくと、大きなゴードリとイノセラが見えてきました。
IMG_2430_R

これはゴードリを臍を出したいなー、でもイノセラ側にはハウエリがいるので写真の右側のへそは出したくても難しいです。
では、左側のヘソを出しましょう。


IMG_2433_R
つまり黄色の丸のあたりを削っていきます。

グラインダーでちょっとずつ・・、タガネで飛ばして・・・。


あれ?あ”~!!

やっちまった(汗)

DSC_0195_R

なんか出てきた。このお姿はハウエリじゃないですか。
IMG_2443_R
思わず傷を指で隠す(笑)

やっちまったのは仕方ないと、開き直って臍を出す。



修正後。
IMG_2467_R
綺麗になったでしょ。

こちらのハウエリも保存良好。

結局さっきの大きめなゴードリはハウエリに挟まれており、出すのは難しくなりました。おまけに別のゴードリがバラバラと出現。どうやってメインを残していくかが課題になってきました。

現段階では
IMG_2599_R
ハウエリ大 10cm程度。ロストラムが残っていました。

IMG_2598_R
裏側のハウエリ小は7cm程度です。

兄弟ノジュールを並べてみました。
IMG_2604_R
左はまだ未完成ですが、これだけの種類がひとつに入っているのは面白いですね。



こんな形で堆積したということですね。ハウエリ大が下面なのでしょうか?
IMG_2602_R


ではまた。



このページのトップヘ