INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

カテゴリ: アンモナイト

こんばんは。

今回は前回の記事でも少し書いた、密集ノジュールの紹介です。

こんなノジュールでした。
DSC_0024_R
まあ、コザコザノジュールです。今年(2017年)の6月にO平にいって採ってきたノジュールです。

どんどんはがしていくと、ゴードリやヨコヤマオセラスが見えてきました。
DSC_0033_R

としていますと、突起のある異常巻きが見えました。
ん!これは初めてな感じだ
DSC_0034_R
先を追っていくと、ターンしてます
DSC_0037_R
どこまで続くかな~?
だいたいここまでかな?
DSC_0038_R
初めてでしたので、書籍で探しましたところ、パラソレノセラスのようです。
まずまずな長さです。

他も削ります。
DSC_0476_R
DSC_0477_R
それぞれは小さいけど、いろんなサントニアンの仲間が密集。
どの面にもアンモナイトがついているので、台となる部分がないんです。
いや、次のようなものを作るために、あえて土台となる部分を残さなかったというのが正解です。

ということで、こういったものを考えました。


まずは、ドリルで穴をあけます。振動で壊れるのではないかと、内心ヒヤヒヤ。
DSC_0478_R
アクリル板にも穴をあけ、ボルトを貫通させました。

子供に手伝ってもらいました。
DSC_0481_R
DSC_0480_R
DSC_0479_R
そして、化石を合体。接着剤で固定しました。
DSC_0482_R


そして、完成品。

IMG_2846_R
いかがでしょうか?パラソレノセラスは初めてなので、見やすいようにセットしました。

ちなみに、この盆栽にはいっているのは、わかる範囲(間違っているかもしれないけど)で

・ヨコヤマオセラス
・パラソレノセラス
・ゴードリセラス
・ダメシテス
・フィロパキ
・ポリプチコセラス
・ユウパキかメヌイテス
・イノセラムス

豪華でしょ?ぜーんぶ本当に小さいですけどね(笑)

IMG_2847_R
ユウパキかメヌイテスの幼殻かな?
IMG_2848_R

ゆくゆくは、このアクリル板に加工したアルミプレートで産地情報を入れる予定です。
ちょっとかっこいい標本台となったでしょうか?





こんばんは。


年に一度のさっぽろミネラルショーに行ってきました。
DSC_0560_R2
仕事を終えて、速攻チャリをこぎ、会場へ~。
今年も、物欲を抑えながら、見て回りました。

化石も鉱石も、欲しいものは高いですよね~。もっと安かったらいいのにー。

なけなしのお小遣いで、ひとつだけ購入しました。

DSC_0561_R
母岩付きのアクアマリン、産地はパキスタンだそうです。
ナミビア産のアクアマリン原石が欲しいのですが、これはこれで良し!。
写真で見るよりも、現物はもっとブルーで透明度も高いです。
ブルーが濃いものは、お小遣いの反中では無理。

それなら、エアチゼルが欲しい今日この頃です。

さて、
http://into-the-nature.blog.jp/20170704
でクリーニングしてた化石ですが、クリーニングが済みましたので、報告します。

結局、共産していた半ゴードリさんは外してしまいました。

そして削って削って~。
DSC_0072_R
DSC_0073_R
ゴードリの下になにかいます。

そして完成写真!
みなさんに見てもらったところ、ジンボイセラスだったようです。
IMG_2836

ジンボイの裏側には、デンセとトラゴデスモがくっついています。
IMG_2838_R
なかなかお気に入りの一品に仕上がりました。

あとは、
短いハイファントセラスの密集。
IMG_2841_R
せいぜい2~3ターンです。
IMG_2842_R
でもこの密集度合いは、クリーニングし甲斐がありました。


このテトラゴニテスには
IMG_2839_R
顎器もついてます。
IMG_2840_R
同じ場所で採集した、ヨコヤマオセラスの密集盆栽は次回紹介しようと思っています。

以上は道北系の石。

これは一人で入ったM笠サントニアンのG.テヌイ
IMG_2843_R
M笠の石は硬いですが、ゴードリセラスがへそがクリーニングしやすいです。

だいぶ涼しくなってきて、山もだいぶ歩きやすくなりました。あとは落ち葉がいっぱい落ちると見えなくなるんですよね。

では~。





こんばんは。


先日、亜師別のコニアシアンにもとろんさん、RYOさんと3人で行ってきました。

沢に入ると・・・
IMG_2808_R
アナゴーの破片がいっぱい入ったノジュールが・・。これがまるっとしていたらなー。

沢を上ると、他にも

プゾシア~
IMG_2810_R
プゾシアー
IMG_2811_R
IMG_2812_R

プゾシア。
IMG_2813_R

と、大きなプゾシアの破片がときどき落ちています。



コニアシアンの苔ww
IMG_2816_R
前回のチューロの苔とは、また違う

沢のこの風景が気持ちいいです。
IMG_2817_R

しかし、なかなか割るノジュールが見つからなく、ある程度上流まで行ったあと、折り返し下流を捜索しました。
IMG_2820_R

すると、ぼちぼちノジュールが
IMG_2821_R
僕が見つけるノジュールは、小物の集合など。

もとろんさんが、スレたプゾシア発見!中心は残っているぞ。
IMG_2822_R
ありがとうございます。いただきました。


結構大きなノジュールを発見したのですが、やはり、僕が見つけるのは、小さいやつの密集のみ。
IMG_2823_R

沢の岩の上には彼が座っていました。

そう、季節ももう終わりの、ミヤマクワガタ
IMG_2824_R

このフォルム、かっこいいなー。
IMG_2825_R
家で飼うことにして、連れて帰ってきました。

もとろんさんと、このクワガタをどうやってつれて行こうか~?なんてやっているうちに・・・。
後ろではRYOさんが、石だまりを捜索。

ひとつの石を見せてくれました。
「このまま、落ちていたの~」。

IMG_2826_R
IMG_2827_R

ん?これってパキですか?パキですよね?





「トンゴボリですよ」と、もとろんさん。

「そうですよね。コニアシですもんね。すごーい!」
噂に聞いていた、都市伝説のようなアンモがとうとう目の前に!
クワガタで遊んでいるうちに、お宝を発見していました。さすがです。

その後、ユーバレンシス(保存不良)を見つけ、

IMG_2828_R

なんだかんだ、成果はありました(いただきものばかりですけど)
山歩き、沢登りは楽しいですね、テンションは下がりませんが、重いノジュールを背負うと後半は体力が持ちません。鍛える必要がありますが・・・・・・(汗)

最後に、かたつむりの赤ちゃん。採ってきたキノコに付いていました。
家の外にさようならー。
IMG_2829_R

もとろんさん、RYOさん、ありがとうございました。
キノコはおいしくバターしょうゆ焼きにして頂きました。

※昨晩、下書き状態でアップされていたので、それを見た方、内容が変わっております。

(2017.08.28一部修正)

こんばんは。

忘れ去られないようなタイミングで更新しています。


昨日、湯鵜場理に、もとろんさんと巡検に行ってきましたので報告します。

朝、待ち合わせをしたのち、早速入林。
午前は、コニアシ~サントニアン。午後はチューロのプラン。


ここの沢はそれほど斜面が無く、歩きやすいです。
IMG_2771_R
この時期はどこも人が歩いているので、当たりはずれがあります。
どうか、当たってくださいと、祈りつつ歩いてますと・・・・

おお、ノジュール発見!

IMG_2772_R
良い大きさですが、だいぶ寄っている感じ。
表面には
IMG_2773_R
ヘテロプチコかな?

この沢は今年は誰も歩いていないようで、ノジュールがけっこうありました。

沢を上る途中には
IMG_2770_R
なんてお花か?はわかりませんが、とても綺麗。
なんとトリカブト!だそうです。綺麗な花には・・〇〇ですね。(2017.08.28修正)

上流あたりで大きいノジュールをもとろんさん発見。
IMG_2776_R

本日の一番の大物、ハウエリ。20cmはあるのではないかな?
しかもクリーニングいらずでヘソまでばっちり。
この付近のこの石の質は保存がいいですね。
IMG_2775_R
このハウエリは表面に出ていなく、ノジュールinだったので、まるっと入っていました。
それにしてもでかい。この大きさを生で見るのは初めてだったので、大興奮です。
この石にはほかにも何枚も入ってましたよ。



おこぼれ、ありがとうございます。
ハウエリは好物です。
IMG_2778_R


他にも、手のひらには余るほどの大きさのデンセ。
IMG_2777_R
洗浄後
IMG_2796_R
IMG_2797_R
潰されているようですが、この大きさと肋の強さは、うれしい悲鳴です。

他には、一発分離したテヌイ
IMG_2790_R
まずまずな大きさのテヌイ
IMG_2795_R
など、成果はしっかり頂きました。


そして、お昼からは、チューロゾーンへ移動。

「どこか行きたいところはありますか~?」なんて聞いて頂いたので
「ユウバリセラスが欲しいです(汗)」と、経験浅いくせに言ってしまいまして
プランニングしていただきました。

これは
チューロの苔です(笑)
IMG_2785_R

日が当たって、とても美しい。まるで、もののけ姫の世界観です。
じゅりあさんのブログを見てから、苔に目が行くようになってしまいました。

チューロはさすがに、サントニアンとは同じわけにはいかず
化石自体、ノジュール自体が少ないです。
それでも半分以下のパシフィカだったり、スカフィテスなどを見ながら、ノジュールを探します。
IMG_2783_R

しかしながら、先行者もあったせいか、成果はありませんでした。
でも、初めての産地を歩けたので楽しかったです。



車に戻ると、車の屋根にバッタ発見。
車を走らせても、しがみ付いていました。でも札幌についたころにはさすがにいなかったです(笑)
IMG_2787_R

そして、ギラギラしているやつ。なんでしょうか?
IMG_2788_R
帽子にくっついていたので、ブンブン振っても落ちませんでした。

ハンノアオカミキリだそうです。(2017.08.28修正)

というわけで、初のアカント、ゲットとはなりませんでしたが、楽しく巡検しましたー。
もとろんさんありがとうございました。



こんばんは。
やままんです。

昨日、ゆる巻ユーボが新種登録と新聞やニュースで報道されました。

sdf
※三笠市立博物館プレスリリースより引用



その日の朝、まだ新聞もなにも見ていないときに、実家の母親からのショートメール・・・

Screenshot_20170713-190203
よく、見ているなぁー。新聞の化石ネタはこのように教えてくれる、理解のある母です(笑)


名前も「ユーボストリコセラス・ヴァルデラクサム」と決定しました。
ラテン語らしいのですが、かっこいい名前ですね。

以前アルビアンさんからも、新種になる可能性が・・・情報をもらっていましたので
驚きこそなかったのですが、自分が持っているアンモが新種登録された!なんて、とても嬉しいです!

改めて、写真を撮りなおしたので、紹介します。

IMG_2744_R

どアップで。表面の模様をはっきりと。
IMG_2745_R
IMG_2747_R

1本だけ残ったのですが、短いのとか何本も入っていたんでよね(汗)
今となっては悔やまれます。

IMG_2748_R


ss
ん~。羽幌町のパラタイプにそっくりですね。

共産化石のイノセラムス.〇〇?
IMG_2750_R
以前盆栽クリーニングで紹介しました化石なので、共産化石は
・ゴードリセラス.テヌイ
・ポリプチコセラス.〇〇
・ヘテロプチコセラス
・ハウエリセラス
・イノセラムス(上の写真)

サントニアンと思われます。
プレスでは、サントニアンは空白となっていますが
この化石でサントニアンは埋まるので、あとはコニアシアンですね。
sa

楽しみが増えました。


さて、昨年卵から幼虫になったカブトムシ。
絶賛羽化中!
IMG_2751_R
1匹を残して羽化して成虫になりました。

これが最後の蛹です。オス。蛹室の上を壊して観察できるようにしました。
IMG_2752_R
IMG_2753_R
毎朝、毎晩見ています。早く、成虫になれよー。

先に成虫になった兄弟たちはエサを喰うわ喰うわ。凄い喰う。
ダイソーで安いエサを大量に買ってきました。
IMG_2754_R

幼虫のときは貰い手がつかなかったカブト君も、成虫になると貰い手が付きました。
だいぶ里子に出しましたが、現在オスが3匹とメスが6匹くらい(もうわからない)です。

もう来年はやらないです(笑)


このページのトップヘ