INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

カテゴリ: アンモナイト

こんばんは。

まずは3月の調査巡検で得たもの。クリーニングがおよそ終わりました。
DSC_1161_R
G.デンセプリカータム(7.5cm)とスカラリテス・デンシコスタータスの破片。
でもこの破片。めちゃでかいんです。
DSC_1164_R
DSC_1165
太さ、4cm。特徴的な段々が出ています。これが完全だったら相当大きいですよね。
興奮ものです。

さて、タイトル通りM笠コニアシアンの巡検です。
もとろんさんと、行ってきました。

沢に突入。
割り跡なし、どうやら今年1番目のようです。
1番目って気持ちいいですよね。そしてワクワク感が半端ないです。
さっそく、ノジュール発見。
IMG_2941_R
ちょっと見にくいのですが、赤にかこったところにサメの歯が見えます。
IMG_2942_R
壊したら困るので、これは、このままお持ち帰り。

IMG_2943_R
割るノジュールには困りません。どんどん割っていきます。
しかし、なかなかこれ!といった獲物には当たりません。

IMG_2944_R
どんどん進むもとろんさん。
源流マニアと呼ばれていらっしゃるとか(笑)。最近は私も本流もですが横沢などなど、源流まで行ってみたくなります。

しかし倒木地獄はキツイですねww。

と、もとろんさんが上から手招き。「このまま転がっていましたー」
IMG_2945_R
すげー!デンセではないですかー!この肋めっちゃかっこいい~。
私の目はくぎ付け、大興奮です。

その後は、かっちょいいイノセラ(種忘れました)
IMG_2946_R

天気予報は昼から雨。
予報通り、昼頃から雨でした。
雨具を着て、さらに攻めます。
この日は沢を横沢も含めて一本じっくり攻めました。

さて、サキホドのデンセですが
私のところにいらっしゃいました。
ありがとうございます。

一部欠損していますが、ちょっと削ってみますと、内巻も保存されていそう。
DSC_1214_R

かなりのガラス質のため、ちょっとでも強くドリル先を当てるとカケるため、慎重にちょっとずつ進めます。
DSC_0001_R

グラインダーで余計なところおとしながら、一部グズグズになっているところは、かなり分離が悪く大変。
上の写真まで行くのに何日かかったことか。忘れましたがけどww

そして今日。
ヘソが残っていそうです。
相変わらずガラス質で、欠けます。
DSC_0002_R

なんとかヘソまでクリーニング。
DSC_1266_R
結局最後まで保存されております。まだクリーニング途中ですが、ここまでできました、
今後は殻口のところの処理と、裏側をどうするかです。

ちなみに大きさは一番長いところで18cmくらいです。殻の太さ(住房の太さ)は一番厚いところで7cmくらい。

最後まで手を(気を)抜かないようにしなくては~。

------------------------------------------------------

ところで、もーりんさんの羽幌図鑑が第二版として再販されるそうです。
もーりんさんのブログ↓
http://ammomori.at.webry.info/

買い逃した方はぜひ!初版を持っていますがめっちゃ綺麗な本ですよ!

※もーりんさんのブログから転載
152586714429745496177

こんばんは。

先日、apogon2さんとアルビアン展に行ってきました。

道中で、apogon2さんが「前から気になっているんだよねー。」という三笠市郊外の洋食屋さんでカツカレーを。
本当はジャンボからあげが人気の店とか・・・ww
でも店に入ったとたん、カレーの良い匂いが・・・。「カツカレー」と言っていました。

DSC_1131_R

おいしかったです。

さて、アルビアン展ですが
DSC_1139_R
事前にapogon2さんや、もとろんさんより伺っておりましたが、凄かったです。


DSC_1138_R
もはやアンモノセラタイテスは普通種(汗)
こんなに集まるものですね。持っているかたはもってらっしゃるのですね。

ドゥビレイもかなりの数がそろっておりますし。
おまけにサイズが大きくて綺麗にクリーニングされております。
DSC_1135_R

僕の中で、今回の一番はこれ。
DSC_1132_R

モルトニセラス。
こんなアンモナイトがあったのか!と衝撃を受けました。
すぐにでもP川へ直行したくなりました(笑)
アンモの種類にも驚きましたが、クリーニングの技術も凄いと思いました。

アルビアン展をあとにして、川の様子を見に~ちょろっと。
「これ雪超えれば入れるんじゃない?」とapogon2さんと。

apogon2さんのブログで紹介されていたように、調査巡検をしました。
結果的には雪に阻まれるところも多かったのですが。
以下の写真が成果です。
DSC_1145_R
ユーバレンゼ3個。プゾシア1個。その他数個。
この時期にしては、まずまず採れました。

まあ、おそらく時期は5月に入ってからでしょうね。

では。



不定期アップです(汗)

ノジュールのときの写真を撮り忘れたので完成品です。
一部の方にはすでにお見せしたもので、新鮮みはございません(笑)

M笠サントニアン
IMG_2921_R
一部すれておりますが、最大のところで14cmのネオフィロです。
IMG_2923_R
厚みもしっかり。上の部分が殻との分離が悪く、なんとか形にはしましたが、ちょい傷だらけ。
IMG_2924_R
鷲掴みしても、満足な大きさですが、完全体だったらなぁ・・。
なんて思ってしまいます。

もう少しでシーズンインですね。

その前に、アルビアン展を見に行きたいです。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


さて、前回の記事で予告したとおり、K別のノジュールクリーニング備忘録です。

もともと、下のようなノジュールで、すれていますがパキ決定!嬉しいノジュールでした。ヘソは残っているでしょ。
IMG_2925_R
削りだします。殻の状態も「良」。他には何もないと思っていたのですが、ヨコヤマさんが・・殻を壊してしまいました。
IMG_2928_R
IMG_2929_R
意外といろいろ入っているノジュールでして、このポリプチコセラスにはどいてもらいました。
そして、その下からは・・・
IMG_2930_R
ゴードリ出現
IMG_2931_R
さらには、こんな二枚貝らしきものまで。
合弁です。大事にしよう!
DSC_0814_R


さて、ノジュールの裏側には、テトラが出てきました。
DSC_0892_R


パキだけしか無いと思っていましたが、この時点で、かなり賑やかなノジュールだとわかりました。



上のほうには保存は良くないですが、ナノナビス?
DSC_0896_R

だいたい掘り終え、下のようになりました。
qwq_R
ボリュームが・・。
さらに堀りすすめ、完成品はこちら・・・!

DSC_0994_R
右側のゴードリ、ナノナビスは外してしまいました(外れてしまいました)
土台は、他の大きいテトラの住房の破片がうまく土台ぽくなったので、活用しました。


テトラとヨコヤマも同席
DSC_0997_R

DSC_0998_R

キララガイの合弁は保存状態最高です。
DSC_1001_R


ユウパキは外巻を入れると11cm。入れないと7cmです。
なおキララガイは3cmでした。
DSC_0999_R
ちなみに、写真では真っ黒になっていますが、透けてる黒っぽいアクリル板が土台です。

こんばんは。


fossil1129さんのブログで、本日は「化石の日」というのを知りましたので、せっかくですので記事を上げることにしました。

ということで、最近は巡検にいっておりませんので、クリーニングがある程度できたもので、今年M笠で収穫したものを五月雨式に紹介いたします。

まずは小さなものから
IMG_2854_R
プゾシア 45mm&17mm コニアシアン

次は、でっかいスレたパキを割ってみたら中心が思っていたより残っていて、びっくりした一品。
上の蓋みたいなのは、脈です。
バラバラ事件的に割れたので接着補修しました。
IMG_2852_R
バラバラ事件の傷跡がひどいので、後ろは見せられません(笑)
IMG_2853_R
ユウパキディスカス(パキ系不明) 74mm サントニアン (2017.10.18修正)

IMG_2851_R
デンセ 68mm コニアシアン

もひとつ
IMG_2849_R
デンセ 68mm コニアシアン
裏にはイノセラ付き。このデンセは巻きが太いのでどっしり感があります。
IMG_2850_R

スレパキです。そんなに大きくないので、ヘソにとても期待していました。
DSC_0534_R

残念!ヘソは無かった。外巻も外しました。
IMG_2844_R
ユウパキディスカス 100mm サントニアン




最後は今年採取した中ではお気に入りです。


IMG_2830
IMG_2831
IMG_2833
裏面もヘソだし作業
DSC_0632_R
いや~~時間がかかりました~。殻がはがれる~。はがれる~。
瞬間接着剤を染み込ませながらやりましたが、なかなかそれでも難しい。

そして、ほぼ完成品。
DSC_0704_R
ネオプゾシア・ジャポニカ 180mm サントニアン 顎器、ウニとポリプチ付き
ヨコヤマオセラスと言ったほうが良いでしょうか。
いかんせん、もうちょっと綺麗にしようとは思っています。

以上、化石の日にアップいたしました。







このページのトップヘ