INTO THE NATURE

~★へなちょこアンモナイトハンターの趣味のブログ★~

カテゴリ: 巡検

こんばんは。

まずは3月の調査巡検で得たもの。クリーニングがおよそ終わりました。
DSC_1161_R
G.デンセプリカータム(7.5cm)とスカラリテス・デンシコスタータスの破片。
でもこの破片。めちゃでかいんです。
DSC_1164_R
DSC_1165
太さ、4cm。特徴的な段々が出ています。これが完全だったら相当大きいですよね。
興奮ものです。

さて、タイトル通りM笠コニアシアンの巡検です。
もとろんさんと、行ってきました。

沢に突入。
割り跡なし、どうやら今年1番目のようです。
1番目って気持ちいいですよね。そしてワクワク感が半端ないです。
さっそく、ノジュール発見。
IMG_2941_R
ちょっと見にくいのですが、赤にかこったところにサメの歯が見えます。
IMG_2942_R
壊したら困るので、これは、このままお持ち帰り。

IMG_2943_R
割るノジュールには困りません。どんどん割っていきます。
しかし、なかなかこれ!といった獲物には当たりません。

IMG_2944_R
どんどん進むもとろんさん。
源流マニアと呼ばれていらっしゃるとか(笑)。最近は私も本流もですが横沢などなど、源流まで行ってみたくなります。

しかし倒木地獄はキツイですねww。

と、もとろんさんが上から手招き。「このまま転がっていましたー」
IMG_2945_R
すげー!デンセではないですかー!この肋めっちゃかっこいい~。
私の目はくぎ付け、大興奮です。

その後は、かっちょいいイノセラ(種忘れました)
IMG_2946_R

天気予報は昼から雨。
予報通り、昼頃から雨でした。
雨具を着て、さらに攻めます。
この日は沢を横沢も含めて一本じっくり攻めました。

さて、サキホドのデンセですが
私のところにいらっしゃいました。
ありがとうございます。

一部欠損していますが、ちょっと削ってみますと、内巻も保存されていそう。
DSC_1214_R

かなりのガラス質のため、ちょっとでも強くドリル先を当てるとカケるため、慎重にちょっとずつ進めます。
DSC_0001_R

グラインダーで余計なところおとしながら、一部グズグズになっているところは、かなり分離が悪く大変。
上の写真まで行くのに何日かかったことか。忘れましたがけどww

そして今日。
ヘソが残っていそうです。
相変わらずガラス質で、欠けます。
DSC_0002_R

なんとかヘソまでクリーニング。
DSC_1266_R
結局最後まで保存されております。まだクリーニング途中ですが、ここまでできました、
今後は殻口のところの処理と、裏側をどうするかです。

ちなみに大きさは一番長いところで18cmくらいです。殻の太さ(住房の太さ)は一番厚いところで7cmくらい。

最後まで手を(気を)抜かないようにしなくては~。

------------------------------------------------------

ところで、もーりんさんの羽幌図鑑が第二版として再販されるそうです。
もーりんさんのブログ↓
http://ammomori.at.webry.info/

買い逃した方はぜひ!初版を持っていますがめっちゃ綺麗な本ですよ!

※もーりんさんのブログから転載
152586714429745496177

こんばんは。


先日、亜師別のコニアシアンにもとろんさん、RYOさんと3人で行ってきました。

沢に入ると・・・
IMG_2808_R
アナゴーの破片がいっぱい入ったノジュールが・・。これがまるっとしていたらなー。

沢を上ると、他にも

プゾシア~
IMG_2810_R
プゾシアー
IMG_2811_R
IMG_2812_R

プゾシア。
IMG_2813_R

と、大きなプゾシアの破片がときどき落ちています。



コニアシアンの苔ww
IMG_2816_R
前回のチューロの苔とは、また違う

沢のこの風景が気持ちいいです。
IMG_2817_R

しかし、なかなか割るノジュールが見つからなく、ある程度上流まで行ったあと、折り返し下流を捜索しました。
IMG_2820_R

すると、ぼちぼちノジュールが
IMG_2821_R
僕が見つけるノジュールは、小物の集合など。

もとろんさんが、スレたプゾシア発見!中心は残っているぞ。
IMG_2822_R
ありがとうございます。いただきました。


結構大きなノジュールを発見したのですが、やはり、僕が見つけるのは、小さいやつの密集のみ。
IMG_2823_R

沢の岩の上には彼が座っていました。

そう、季節ももう終わりの、ミヤマクワガタ
IMG_2824_R

このフォルム、かっこいいなー。
IMG_2825_R
家で飼うことにして、連れて帰ってきました。

もとろんさんと、このクワガタをどうやってつれて行こうか~?なんてやっているうちに・・・。
後ろではRYOさんが、石だまりを捜索。

ひとつの石を見せてくれました。
「このまま、落ちていたの~」。

IMG_2826_R
IMG_2827_R

ん?これってパキですか?パキですよね?





「トンゴボリですよ」と、もとろんさん。

「そうですよね。コニアシですもんね。すごーい!」
噂に聞いていた、都市伝説のようなアンモがとうとう目の前に!
クワガタで遊んでいるうちに、お宝を発見していました。さすがです。

その後、ユーバレンシス(保存不良)を見つけ、

IMG_2828_R

なんだかんだ、成果はありました(いただきものばかりですけど)
山歩き、沢登りは楽しいですね、テンションは下がりませんが、重いノジュールを背負うと後半は体力が持ちません。鍛える必要がありますが・・・・・・(汗)

最後に、かたつむりの赤ちゃん。採ってきたキノコに付いていました。
家の外にさようならー。
IMG_2829_R

もとろんさん、RYOさん、ありがとうございました。
キノコはおいしくバターしょうゆ焼きにして頂きました。

※昨晩、下書き状態でアップされていたので、それを見た方、内容が変わっております。

(2017.08.28一部修正)

こんばんは。

忘れ去られないようなタイミングで更新しています。


昨日、湯鵜場理に、もとろんさんと巡検に行ってきましたので報告します。

朝、待ち合わせをしたのち、早速入林。
午前は、コニアシ~サントニアン。午後はチューロのプラン。


ここの沢はそれほど斜面が無く、歩きやすいです。
IMG_2771_R
この時期はどこも人が歩いているので、当たりはずれがあります。
どうか、当たってくださいと、祈りつつ歩いてますと・・・・

おお、ノジュール発見!

IMG_2772_R
良い大きさですが、だいぶ寄っている感じ。
表面には
IMG_2773_R
ヘテロプチコかな?

この沢は今年は誰も歩いていないようで、ノジュールがけっこうありました。

沢を上る途中には
IMG_2770_R
なんてお花か?はわかりませんが、とても綺麗。
なんとトリカブト!だそうです。綺麗な花には・・〇〇ですね。(2017.08.28修正)

上流あたりで大きいノジュールをもとろんさん発見。
IMG_2776_R

本日の一番の大物、ハウエリ。20cmはあるのではないかな?
しかもクリーニングいらずでヘソまでばっちり。
この付近のこの石の質は保存がいいですね。
IMG_2775_R
このハウエリは表面に出ていなく、ノジュールinだったので、まるっと入っていました。
それにしてもでかい。この大きさを生で見るのは初めてだったので、大興奮です。
この石にはほかにも何枚も入ってましたよ。



おこぼれ、ありがとうございます。
ハウエリは好物です。
IMG_2778_R


他にも、手のひらには余るほどの大きさのデンセ。
IMG_2777_R
洗浄後
IMG_2796_R
IMG_2797_R
潰されているようですが、この大きさと肋の強さは、うれしい悲鳴です。

他には、一発分離したテヌイ
IMG_2790_R
まずまずな大きさのテヌイ
IMG_2795_R
など、成果はしっかり頂きました。


そして、お昼からは、チューロゾーンへ移動。

「どこか行きたいところはありますか~?」なんて聞いて頂いたので
「ユウバリセラスが欲しいです(汗)」と、経験浅いくせに言ってしまいまして
プランニングしていただきました。

これは
チューロの苔です(笑)
IMG_2785_R

日が当たって、とても美しい。まるで、もののけ姫の世界観です。
じゅりあさんのブログを見てから、苔に目が行くようになってしまいました。

チューロはさすがに、サントニアンとは同じわけにはいかず
化石自体、ノジュール自体が少ないです。
それでも半分以下のパシフィカだったり、スカフィテスなどを見ながら、ノジュールを探します。
IMG_2783_R

しかしながら、先行者もあったせいか、成果はありませんでした。
でも、初めての産地を歩けたので楽しかったです。



車に戻ると、車の屋根にバッタ発見。
車を走らせても、しがみ付いていました。でも札幌についたころにはさすがにいなかったです(笑)
IMG_2787_R

そして、ギラギラしているやつ。なんでしょうか?
IMG_2788_R
帽子にくっついていたので、ブンブン振っても落ちませんでした。

ハンノアオカミキリだそうです。(2017.08.28修正)

というわけで、初のアカント、ゲットとはなりませんでしたが、楽しく巡検しましたー。
もとろんさんありがとうございました。





こんばんは。

先日、アルビアンさん宅での化石忘年会に参加し楽しい時間を過ごさせていただきました。
ホストのアルビアンさん、奥様ありがとうございました。

そのときのじゃんけん大会で超レアなものが、我が家にきちゃいました。今年最後にやっと運気が向いたか?(笑)



さて、今回は、9月にapogon2さんにお誘いをうけ、M笠に行ったときの成果と、その一部をクリーニングしましたので報告です。

M笠某所にapogon2さんと待ち合わせをし、沢へ入りました。
事前に言われていた通り、普段はノジュールなんて全く無いのに、あるわあるわ。こんなところでいつもなら見たことがないくらいのノジュール祭り。
大物や珍しいものこそ、あまりなかったですが、ノジュールを割る楽しさと、割って化石がちゃんと入っているという喜び。
ほんと楽しかったです。

と、そのとき沢の中におおきなノジュールが。
IMG_2238_R
割ってみると、テトラがびっしり入っていました。

小さな化石も回収したので、帰りにはリュックがずっしり。
重くて重くて、フラフラして、頭もぼーっとしながらも、車へたどり着きました。
体力をつけなければだめですね。その前に痩せなきゃー(汗)

自宅でノジュールを洗って干しているところです。
DSC_0971_R
DSC_0973_R
テトラ
DSC_0974_R
テトラ
DSC_0977_R
テトラゴニテス。




DSC_0975_R
DSC_0976_R
これは、綺麗に一発で出たイノセラです。種類は何でしょうか?


DSC_0978_R
おそらくテトラ玉。


巻貝は初採取。
DSC_0979_R


これは思いはずです。
・テトラゴニテス:いっぱい
・ダメシテス:何個か
・ゴードリ:1~2個
・ハウエリ:1個
・おそらくテトラいっぱい未割りノジュール:1こ
・巻貝:1個
・パキ:1個(2016.12.21追記)

こんな感じです。パキが無いですが十分満足ホックホクでした。





そしてクリーニング。
DSC_0146_R
DSC_0145_R
こんな感じのカチカチノジュールです。密集ノジュールなので、一部欠損しているものが多いです。

それでもなんとか、このくらいは救出しました。DSC_0149_R
大きさはこのくらい。手のひらサイズ
DSC_0150_R
臍のクリーニングはかんべんしてください。硬くて心が折れました。

DSC_0160_R
おそらくテトラ玉ですが、まだ割っていませんが、なにが出てくるでしょうか。

楽しみです。

こんばんは。


先日、仕事で比布に行く用事があり、その行きと帰りで、寄れる産地に、ちょっとだけ覗いてきました。


行きは前日の夜も雨が降っていたせいもあり、芦別_R
濁って、絶賛増水中。

枝沢も何本かみましたら、やはり増水しており、時間もなくなり巡検中止に。


そして、仕事が終わり、翌日。
せっかく道北に来たのだからと、比較的近いO平に突撃することに。

昼前まで仕事で拘束されましたので、到着は昼すぎ。
短い時間で、軽く入れるところへ・・・・・

前日、もとろんさんから情報も得ており、結局、以前入った沢が気になり、まずはダイスキノ沢へ~。

アカノ沢_R

ん~、全然以前と変わっていません。
水も多くはないけど、前回訪れたときよりは多く、やはり雨の影響ありです。濁っているし。
石もありません。
それでもボウズは嫌なので、何個かは拾ってきました。
DSC_0967_R
こんな割れているやつです。


ここは、偵察だけのつもりでしたので、すぐに切り上げて次の沢へ。
NKB_R
NKBです。

ここも同じく水は濁っていて、若干水が増えてます。
全然、川の中の石が見えません。

見えるところを探して、上流へ。

大きめの露頭あり。
NKB2_R
転石を狙うも、水があって見えません。

と、このあたりで、とてつもなく気になる石を見つけました。
その話はあとにしまして。

その後、下流も少しみましたが
DSC_0966_R
この程度の小物ばかり。でもボウズはま逃れましたので、ヨシとします。


さて、さきほど気になる石ですが・・・・
これです。
DSC_0962_R

焼き芋じゃないですよ。
DSC_0963_R


おそらく、「骨の化石」だと思います。
何の?どこの部位?は全くわかりませんが、クビナガとかの爬虫類くらいしか思いつきません。
だとしたら、凄いですよね。

連続写真で
DSC_0958_R
DSC_0959_R
DSC_0961_R
DSC_0965_R

分かる方、教えてくださいませ。お願いします。

クリーニングは、壊さないようになってからやります。このまま飾ってもいいしね。

にしても、ひとり巡検は心細いですね。いつもより、笛をピーピーずっと鳴らしてました(笑)


帰りは海沿いを通って帰りました。

DSC_0954_R
夕焼けに染まった風車。



このページのトップヘ